2017/08/28 16:59




昔ながらのブランケット刺繍やハマグリ刺繍。
旧式の特殊ミシンを使い、職人が一つ一つかがっていきます。
Old-fashioned blanket embroidery and shell embroidery.
Using old-fashioned special sewing machines, craftsmen go one by one.








以前は毛布やハンカチなどの端始末をするために使用されていましたが、生産性の悪さから徐々に使用されなくなりミシンメーカーも廃業となってしまいました。
Previously it was used to clean up blankets and handkerchiefs, but because of poor productivity, sewing machine makers became out of work gradually










blanketでは、残っていた稀少なミシンを使用し、コートの全ての端始末にブランケット(ハマグリ)刺繍を施しています。
丈夫な刺繍糸を使用することができるため、強度が非常に高く、着心地も損なわないのが大きなメリットだと考えています。
どこか懐かしさを感じ、職人の温かみを感じる刺繍はblanket最大の特長です。

In blanket, we use blanket (shell) embroidery on all sides of the coat, using the rare sewing machine that remained.
Because we can use strong embroidery thread, we believe that it is a great merit that strength is very high and comfort is not compromised.
Embroidery feeling nostalgic somewhere, feeling the warmth of craftsmen is the biggest feature of blanket.